宅配クリーニング スーツ

クリーニング スーツの無料水洗い

   
クリーニング スーツで大切な水洗い加工(無料)は標準工程です。着心地感が爽快になります。



■汗をかいたスーツは黄ばみ、汗じみの元になります。当社の水洗い処理は無料ですのでお気軽にご利用いただけます。
■スーツ以外のアイテムも可能なものは水洗い処理付きクリーニングをいたします。
水洗い処理はお客様のお申し出がなくても可能であれば全て水洗い処理いたします。






*当社ブログメルマガ月刊号でもスーツの特集などの情報掲載しております!(ご購読無料です。)


丁寧に仕上げ

 
1.衣類の状況を把握

  お客様の大事な衣類の状況を把握します。水洗い処理が可能かどうかチェック

 2.特殊ドライクリーニング
  当社独自のドライクリーニング(他社の一般的なドライクリーニングではありません。)で全体の汚れを落とします。

 3.染み抜き処理
  シミや汚れがひどい部分はしみ抜き処理します。

 4.ソフト水洗い
  当社独自のソフト水洗い処理(手洗いに近い)をします。1〜2時間程度の断続的なソフト水洗い。

 5.やさしい自然乾燥
  乾燥機を使用せずに衣類にやさしい自然乾燥。着心地がこれで変わります。

 6.復元加工
  仕上げのプロ職人が丁寧に復元します。


安心仕上げ

 ■スーツの水洗い仕上げは大丈夫?

  スーツの大半は水洗いが出来ます。型くずれがしないように当社独自のソフト仕上げで復元します。
  水洗い処理は通常のクリーニング行程
に含まれています。水洗いは処理は当社では当たり前の作業です。

 ■ドライクリーニングだけではダメ?
  ドライクリーニング処理だけでは臭いが残ったり、着心地がいまいちです。
  ウールのスーツ、ズボン、パンツ、女性スーツ、スカートなどは水洗い処理で元々の着心地感を取り戻します。


 ■黄ばみ、汗じみの原因は?
  スーツなど衣替えで着ようと思ったらエリや袖に黄ばみが・・・。こんなことありませんか?
  これは黄ばみ、汗じみ対策が万全ではなかったためです。
  黄ばみは汗や体から出た油脂が衣類に付着したまま酸化してしまう現象です。
  黄ばみ、汗じみ対策は当社のソフト水洗い仕上げ処理をお試し下さい。


 ■水洗いは別料金?
  ご安心下さい。全品水洗い料金は不要(無料)です。クリーニング料金に含まれます。

 ■水洗いクリーニングを希望の場合は予約とか必要ですか?
  
ご予約やお申し出は一切不要です。クリーニング処理の段階で当社のスタッフが判断して水洗い致します。
  基本的に水洗い可能な物は全て処理致します。水洗い処理後は済にマークしてお返ししております。

 
■水洗い(ウォッシュクリーニング、汗ぬき、Wダブル、アクア、ウェットなど)についての名称や呼び方

   水洗いクリーニングのことを上記の名称に変換して表示されていることがよくあります。
  実は内容は全て水洗い処理のことです。名称が違うだけです。これらの名称に追加料金や高い加算料金が
  上乗せされてお客様に追加請求されている現状に当社は疑問を感じておりました。

   水洗いクリーニングすると何故、追加料金なのか?どうしても納得いきませんでした。
  お客様に分かりにくい名称表示で高い料金を請求することは、お客様からの信頼を失うことに繋がります。
  当社では何とかこの水洗い処理をクリーニング料金に組み込ませ紛らわしい料金表示を改善しようと考えました。
  クリーニング処理+水洗い処理を総合的に作業工程に組み込むことで追加料金といった分かりにくい表示をしない
  ことに致しました。(追加料金はありえません。)
   また、お客様の手を煩わせることのないようにお申し出、ご希望が無くとも水洗い可能な素材、状態であれば
  全ての衣類を水洗い処理付きクリーニングにて作業いたします。
   料金表示での名称に惑わされることなく、ご安心して水洗い処理付きクリーニングをご利用下さい。


水洗い出来る
 
 ■水洗いクリーニング出来る品目
  ・メンズ・レディース スーツ類(ジャケット、スラックス、スカート、パンツ、ネクタイ など)
  ・メンズ・レディース コート類、ジャンバー類、ダウンジャケット類
  ・メンズ・レディース セーター類、カーディガン類(水洗い処理が可能な素材)
  ・上記以外でも 水洗い可能な素材であれば 水洗いクリーニングが可能です。

 ■水洗い出来ない品目、注意が必要な品目
  ・水洗い処理が不可のもの、水洗いすると良くないと判断した場合のもの
  ・合成皮革、ポリウレタン、特殊素材、海外製品(日本規格に準じていないもの)、きもの類、表示不可のもの
 →水洗い出来ないケースは受付票兼お見積書に記載しております。

 

スーツの着こなし

 ■スーツと長く付き合うには?

  一度着用したら2〜3日は休ませましょう。スーツもずっと同じ物を頻繁に使用すると疲れてしまいます。
  お気に入りのスーツだとついつい着る頻度が増えてしまいがちですがスーツも生き物同様です。
  一日フルに着たら休ませて次のスーツにバトンタッチしましょう。


 ■スーツの上手な管理方法
  スーツを着た後はやさしくブラッシングしましょう。ほこりなどが付いたまま放置しますと汚れが落ちにくく
  なる要因の一つとなります。
  スーツはよく汗を吸います。着た後は陰干しして湿気を十分に取り除きます。
   又、カビ対策として湿気を寄せ付けない事が肝心です。窓際や壁際にかけておくと湿気を吸ってしまいます。
  収納は洋服ダンスやクローゼットに吊すのが最適です。収納時は不織布カバーが通気性が良いのでお勧めです。



お得なクリーニング券 独自両面加工の撥水技術 どこまでも丁寧にしみ抜き 収納スペース代わりに


▲ページTOP    ▼HOME