静電気防止

メンズ スラックス、セーター・カーディガン・スカート・スラックス・マフラーなどに静電気防止加工





静電気とは

■乾燥した空気に放電することで静電気が発生

 ・気温と湿度が低い環境で静電気が起こりやすくなります。湿度 20%以下、気温 25℃以下 と言われております。
 ・素材の中には帯電率といって+と−のそれぞれ高いものから低いものがあります。

■静電気をため込みやすい体質
 ・静電気体質の人は血液の濃度が高いと言われております。
  弱アルカリ性から悪質の酸性の体質によって静電気をため込みやすい体となってしまいます。

 ・体質改善には カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどに弱アルカリ成分が含まれています。
 ・体質改善の他に対策としてミネラルウォーターを飲む、シャワーをあびる、鍋を食べるなどマイナスイオンに触れる。

■衣類の着合わせによる静電気の発生
 ・ウール製品とアクリル製品との組み合わせは最大に静電気を引き起こす要因があります。
  代表的なものはセーター(ウール)とフリース(アクリル)です。
 ・アクリルとポリエステルに対してウールとナイロンの組み合わせは静電気の発生が高いものとなります。



静電気防止

■当社独自の静電気防止加工(当社の加工は両面、全面加工です。)

 ・クリーニング洗浄時に同時に静電気防止加工処理を実施致しますのでムラがありません。
 ・スプレー等による吹きつけは致しません。
 ・静電気を抑えることによってパチパチ感や衣服にまとわりつく不快感を防ぎます。

*静電気防止加工に効果が発揮しにくい、加工出来ない素材もございます。
*撥水加工と静電気防止加工の併用は出来ませんのでご了承下さい。


効果、持続

■静電気防止加工の効果

 ・基本的にまとわりつきやパチパチした感じがでなければ効果が出ていることとなります。
 ・静電気が発生しやすい環境下での衣類の取扱いや素材どおしの摩擦などで生じる場合は
  静電気防止効果は減退することもございます。

■静電気をため込みやすい体質
 ・静電気防止効果は次のクリーニング処理までは原則的に持続します。
  (但し、衣類が濡れたり上記のような静電気が発生しやすい環境下での取扱いでは持続が減退します。)



▲ページTOP    ▼HOME